大学中退者向け就職攻略ガイド

*

就職を完全に攻略するための5つのステップ

 就職活動に臆病にならないことです。臆病にならないためには、就職活動の流れやそのコツ、仕組みなどを知っておくこと。

 就職活動を行う前に大学を中退してしまったのであれば、ここで就活の流れ、コツなどを知っておきましょう。これで臆病にならずに取り組めると思います。
 

就職準備に大切なポイント

 必ず行わなければならないのは、計画を立てること、自己分析、業界動向。この3つができれば、より就活は怖くなくなります。

 自分の今やるべきことや向かうべき方向がわかるからです。気持ちを切らさないための動機、これもしっかりと作り上げておけばパーフェクトです。

【参考記事】
就職活動の計画を立てる時の基本の考え方
自己分析で見つけておくべき自分とは
よく考えておきたい就職活動に要する期間
大学中退での就職活動に有利な時期とは?
 

行動力で情報力を強めよう

 大学を中退していても合同説明会やセミナーには顔を出してみるべきでしょう。大学時代の友人から情報を集めることも重要。

 その上で就職サイトなどに登録し、有意義な求人情報集めを行うようにしてください。情報は至るところに転がっていることを忘れてはなりません。

【参考記事】
適切に選びたい求人情報媒体
就職サイトの求人票、確認しておくポイントは?
避けることができる!ブラック企業への入社
 

応募書類は大学生活に触れることも必要

 大学中退を恥じることはありません。大学に入学した事実を履歴書に記載しておくこと。

 仮に短い大学生活だったとしても、そこで学んだことや得たことなどを志望動機・自己PRの欄に書き込んでおきましょう。

 これによっていろいろなことを学び取ることができ、勉強熱心である印象を与えることも可能です。

【参考記事】
大きなポイントとなる履歴書書き方
履歴書で悩んだ時の基本的な解決方法
慎重に選びたい履歴書のフォーマット
 

面接ではマナーが備わった人間であることをアピールしよう

 社会人としてのマナーや常識をわきまえていること。言葉遣いが適切であること。雰囲気が良いことなど、面接で意識したいことは他にも山ほどあります。

 これらをまとめると、社会人として働く用意があり、人間的魅力に溢れていることを伝えられるかどうかにかかっていると言えます。

【参考記事】
対策しておけば怖くはない!聞かれること
一番のアピールとなり得る志望動機
面接中のNG集をまとめてみました

 

入社日までの時間も大切に使おう

 大学生は就活が終わると遊んでしまう傾向があります。大学中退者にはそんな余裕はないはず。

 少しでも遅れを取り戻すために、業界研究・企業研究を重ね、自分の飛び込む世界や役割をある程度把握しておきましょう。入社準備の出来によって、その後の全てが変わってくるはずです。
 

【参考記事】
知らなきゃ困る途中入社の注意点
入社契約書に関して注意しておきたいこと
よく考えて決めたい内定後の過ごし方
あなたが意識すべき入社後の注意点は何?
大学中退の就職~初出勤までにしておきたいこと~

公開日:
最終更新日:2015/11/20