大学中退者向け就職攻略ガイド

*

大学中退の就職、電話応対は大丈夫?

   

新人が避けて通れない電話応対

 大学中退者が正社員採用されるとき、新卒の新入社員と大きく違う点があります。それは、大学でキャリア教育を受けた経験の有無です。

 大学では就職活動と並行し、就職後に役立つキャリア教育を実践することが多く、来客や電話の応対などの基本について、学べる機会が多いのです。

 新卒での入社の場合は、新入社員研修が用意されており、そこで基本的な電話応対のレクチャーを受ける機会もあるはずですが、大学中退者は時期によって、同様の研修が受かられないことも多いものです。

 だからこそ、入社したときに困らないように、電話応対についても、自分で勉強をしておくのがおすすめなのです。

電話に対する苦手意識をなくすには

 大学を中退し、初めて就職するひとは、会社で電話を受けた経験もないでしょうし、若者はメールやLINEでコミュニケーションをはかることが多く、敬語の使い方に自信がないひとも多いはずです。

 ですが、社会人になったからには、電話応対を避けて通ることはできませんので、新入社員向けのビジネスマナー本などを参考に、事前に基本を学んでおきましょう。

 電話応対のマナーにも、かけ方と受け方の二種類があるのですが、まずは電話の受け方の基本をマスターすることを目指します。

 電話がかかってきたときに、どのような対応をしなければならないのか、基本のマニュアルを作成しておきましょう。

 その際、取り次ぐ相手が外出や休暇などで不在だった場合も想定し、チャートのようなマニュアルを作成しておくと、慌てずに済みます。

 電話の相手の社名と氏名、取り次ぐ相手、不在の場合の対応を確認し、きちんとメモに残せれば、電話応対で失敗する確率はグッと下がるはずです。

 - コラム

  関連記事

af9920061390l
働きながら学べることは必ずある!

1.悩むよりフリーター なかなか仕事が決まらない、正社員になれない…と来る日も来 …

af9970009374l
20代の仕事探しの基本

1.20代の仕事探しですべきこととは?  20代で自分に合った仕事探しをしようと …

WS000056
フリーターからの就職ノウハウ

1.どうして自己PRが必要なのか  フリーターが就職活動をするにあたり、避けて通 …